会社案内

ご挨拶

1981年の創業当初は、汎用フライスによる冶工具・省力機器の製作からのスタートでした。
その後NC機械加工の需要がはるかに多くなり、徐々にNC機械を主体とする方向へ進んでまいりました。
ユーザーの期待に応えるべくマシニングセンターの台数を徐々に増やし、短期納品・高品質化・多種少量の精密部品加工を可能にし、受注範囲の拡大に努めてきました。
『少数精鋭で小回りの利く企業』
小規模ならではの柔軟性と小回りの良さ、これまで培ったノウハウや社内の技術力を結集し、高品質、低コスト、短納期に挑み続けます。
また、このホームページを通じ製造業だけではなく多方面の方々からお声をかけていただき、お話を聞くことで更なるレベルアップを目指して行ければと思っております。
                    
            代表取締役  浅原 勝
有限会社 アサハラ

会社概要

社名 有限会社 アサハラ
代表 浅原 勝
所在地 〒399-8601
長野県北安曇郡池田町大字池田2702
TEL 0261-62-3141
FAX 0261-62-3171
営業品目 ■金型部品加工
■治具製造
■各種専用機部品加工
資本金 800万円
設立年月日 昭和56年6月
従業員 9名
主要取引先 黒田精工株式会社 
 


(順不同・敬称略)
取引先銀行 松本信用金庫 池田支店
八十二銀行 池田支店

沿革

1981年6月 北安曇郡池田町大字池田2388番地に浅原精機として創業
主に汎用フライスによる治具・金型部品の加工を行う。
1987年6月 OKK MCV-410(マシニングセンター)導入
1990年4月 北安曇郡池田町大字池田2702番地の林中工業団地内に新築移転し、有限会社アサハラとする。
1992年9月 OKK MCV-650(マシニングセンター)導入
2003年4月 TACTX SUPER21(CADCAM) 導入
2004年3月 OKK VM4?V(1号機)(マシニングセンター)導入
2007年9月 OKK VM4?V(2号機)(マシニングセンター)導入
2008年10月 TACTX WINMAX V3(CADCAM) 導入
2011年7月 三和精機 SR5000X 導入(横型タッピングボール盤)

2011年8月

2014年3月

2016年2月

2017年6月

TACTX CAD “SolidWorks” にバージョンアップ

OKK  VM76R(マシニングセンター)導入

OKK  VM53R(マシニングセンター)導入

新工場完成予定